新宿御苑前駅より徒歩3分!交通事故治療を専門とする、新宿はなぞの鍼灸整骨院では交通事故、むちうち、外傷、コリ、体の不調を「整体」「背骨矯正」「鍼治療」で根本改善いたします。

整骨院の【整体】

  • HOME »
  • 整骨院の【整体】

整骨院の整体。「NAOSU整体」

当治療院グループ内では年間25万症例をみております。

そんな中で蓄積されたデータにより、症例に対して最も効果的で最も体に優しいスペシャルな治療法をご用意しております。

「治す」ための治療です。

いわゆる「ほぐし」や「リラクゼーション」といった意味合いではなく

「治す」のが目的です。

当院は「整骨院」ですから(^^)

「バイター」と呼ばれる、1分間に1000振動するビブレイションマシーンを全身にかけ
毛細血管を拡張させます。
とにかくすっごい気持ちい~です。

ここから「トリガーポイント」や「経絡」と呼ばれる
「痛みの震源地」にあたる部分に特化して整体を施していきます。
そこそこ!そこが辛いんです!(^^)と思わず皆様おっしゃいます。

座って、立って、横になって、様々な姿勢で身体の痛みに対してアプローチしていきます。

・ギク!と伸びない腰が一回で伸びる様に
・寝違いで回らなかった首が、一回で回る様に
・上がらなかった腕が一回で上がる様に

正に「ほんもの」の治療です。

「え?うそ!」「あ!痛くない!」

そう言っていただけるのが楽しみです!

 

NAOSU整体の施術方法

・NAOSU整体は、筋肉の悪い部分(ツボ、トリガーポイント、ファシアポイント)に直接アプローチする手技です。
・急性症状の痛みに最も効果あります。(寝違え、ギックリ腰、急な筋肉痛、捻挫、肉離れ)
・当院のNAOSU整体は慢性の症状もすこしづつ改善されます。

NAOSU整体による施術の流れ

1.NAOSU整体は主に「深層筋(インナーマッスル)」をポイントとして治療します。深層筋の癒着部に直接プレッシャーをかける事で生じる関連痛(他の部分に痛みが走る)も発生いたしますが。これらの関連痛は「子供でも我慢できる範囲」ですのでご安心下さい。
2.NAOSU整体では、インナーマッスルへのプレッシャーを60秒以上持続する場合もあります。筋肉が「粘土」の様に鈍くなっている患者様に対してです。個人差がございますので、それぞれにあった治療を致します。
3.慢性的な肩こり・腰痛は「生活習慣病」が殆どです。従って、症状の改善には「体のメンテナンス」として、定期的にご来院下さいますようお勧め致します。
4. NAOSU整体は「究極の対症療法」です。対症療法とは?
まずは表に出ている症状を消滅させることを最優先にこの「NAOSU整体」で治療を行い、それから根本治療に進んでまいります。
体は 根本が悪化(無症状)→症状として現れる という順番で悪くなります。
その為、根本を先に治療しても、患者様が一番辛い「今とって欲しい症状」を最速で良くする事は不可能なのです。
つまり、症状を最速でとった後に、根本治療を行っていくのが、患者様に最もメリットがあるのです。NAOSU整体(対症療法)による症状を優先とした治療法→ファシアリリース鍼法・骨盤×骨格矯正
という順番で治療を行ってまいります。
※施術者の判断で、根本治療と対症療法を初回から同時に進行していく場合も多くあります。

NAOSU整体「点プレッシャー」

我々はプロです。「ツボ」は元々刺激をすると体が活性化する押して良い場所だから痛み、腫れなどの炎症は起きません。「ツボ」を外して押すことは、間違いなく揉み返しを起こします。これらは「経験」でしか捉えようがないだけに最低でも数年は修業しないと的確には捉えられません。
ちなみに素人さんは「揉み返し」ですが、我々プロの(当院に限定しています)施術でのだるさ等は身体が復活する良い反応(好転反応)と捉えます。
「点プレッシャー」とは安全な「ツボ」の面積を更に狭くした「点」に力を集中させることで強く押しても、炎症を起さない押し方であります。

 

NAOSU整体「プレッシャー角度」

治療される患者様に力が入って反発してしまうような刺激は、体にとって「害」以外何物でもありません。太陽光も体に浴びればビタミンDを作りますが、眼球に浴びれば盲目まっしぐらです。
NAOSU整体では「プレッシャー時の方向と角度」は炎症を起さない重要な要素です。ボールを真っ直ぐに押すには手だけでは安定しないのと一緒でプレッシャーを入れる方向に身体が向いている事が重要とされます。

不慣れな施術者はいわゆる腕押しになります。この形は押される側にとっては不快感と苦痛を強いられるため筋肉に力が入って反発することから筋細胞、毛細管を傷つけ炎症を起します。

NOASU整体では「プレッシャー角度」の為に術者の姿勢を重要視しております。

 

NAOSU整体「プレッシャー速度」

急激にプレッシャーを入れると「障害反射」という体の防御反応が出てしまうだけでなく、急激なプレッシャーの押し方はインナー(深部)に力が届く前にアウター(浅部)に打撲が起こり、リリース時(離す時)が急激であれば圧を抜かれた体内では逆に、細胞内圧が上がり、筋肉内の毛細血管が傷みます。毛細血管及び筋組織が痛むことで「筋肉は更にカチカチになって」しまうのです。
このプレッシャー速度はNAOSU整体においては非常に重要視されます。
ここにNAOSU整体で強く押されても「筋損傷しない施術」という所以です。

 

NAOSU整体「深部までプレッシャー。しかし揉み返さない。」

NAOSU整体では「軽く、時には強く、押しながら、揉み返しを起さず、深部筋にだけ働きかける」施術です。

言葉にすればたったこれだけのことですが、腕のみで押す程度のものではなく、体の方向を施術すべき方向と合わせ、一点に集中させてこれを行うことでしか、この施術は不可能であります。
強く押すことの有用性について説明したものが文献上、ネット上のどこにも見当たりません。
ソフトな施術が最近の流行です。安全、安心にプレッシャーを入れるのは簡単ではないのです。ソフト整体はやもすれば簡単な技術になりかねません。
「強く押しながら揉み返しを起さず深部筋にだけ働きかける」という矛盾とも思える施術方法は言葉では説明できても実際に行う事となると誰にでもできる程簡単ではないと言えます。

a href="tel:0333553988"

 

 

 

NAOSU手技療法動画配信予定

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-3355-3988 受付時間 平日10:00~20:30【13時~15時半まで閉院】土曜・祝日9:30~18:30【13時半~15時半まで閉院】

PAGETOP