新宿御苑前駅より徒歩3分!交通事故治療を専門とする、新宿はなぞの鍼灸整骨院では交通事故、むちうち、外傷、コリ、体の不調を「整体」「背骨矯正」「鍼治療」で根本改善いたします。

新宿の交通事故治療(むちうち・腰部捻挫等)専門プログラム

  • HOME »
  • 新宿の交通事故治療(むちうち・腰部捻挫等)専門プログラム

患者様自己負担金「0円」
交通事故の治療費に関し負担金が一切発生しないよう、損保会社と当院で直接やり取りを致します。患者様の負担金は「0円」です。

高度治療(鍼・矯正)治療費「0円」
近年、交通事故の高度治療に関する費用は、損保会社様からは認められません。しかし最良の治療を受けていただく為に治療費は当院が負担する事で「鍼及び矯正治療」を必要に応じまして取り入れております。
もちろん、患者様に治療費を請求する事は一切ありません。
※後療料内での対応となります

お見舞金制度・ご紹介料制度あり
心ばかりではございますが、お見舞金(※商品券)をお渡しさせていただいております。交通事故患者様をご紹介いただいた際も、ご紹介者様にご紹介料をお渡ししております。
※30日以上の通院の際のみ

交通事故取扱い実績多数
新宿はなぞの鍼灸整骨院は開業14年間、常に交通事故患者様が来院されております。多くの交通事故患者様から「ありがとう。楽になったよ。」のお声をいただいております。
経験・技術・信頼、全てにおいて高い経験値と自信がございます。

「めんどくさい」保険請求代行
交通事故治療費の請求・損保会社との症状のやり取りも、全て当院が代行いたします。
むち打ちや腰部の捻挫等の、患者様の症状を書面にてやり取りいたします。

「病院・他院」から転院OK。予約不要
当院では病院での交通事故治療と並行して、当院の整体治療を受ける事が可能です。医師にもかかりつつ、薬・痛み止めだけではカバーしきれない部分を当院で治療できます。併用通院を決めた際はまずは当院へご連絡下さい。

20時以降通院OK!土曜祝日開院
病院と違い仕事終わりでも通院可能です。
土曜日祝日も開院しております。

当院は「交通事故の認定院」です。

交通事故の怪我は、むち打ち(頚椎捻挫)腰椎捻挫が圧倒的に多い
交通事故による頚椎捻挫(むち打ち)・腰椎捻挫とは、関節の軟部組織(靭帯や筋肉などレントゲンに写らない)の損傷のことです。レントゲン検査などでうつらない筋肉を治療するには、早い時期から交通事故専門のリハビリ治療が必要です!是非、交通事故外傷の治療専門家である、新宿はなぞの鍼灸整骨院で治療を受けてください。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

後遺症が残りやすい
また、交通事故は後遺症が起こりやすいので、早めの受診をすることが大切です。
軽いむちうちでも、受傷直後はあまり症状がなくても、時間経過とともに重症化してくることもあります。軽くぶつかっただけでも翌日には痺れが出現し、それが後遺症になる場合もあります。
ひどい後遺症が残らないように早めに新宿はなぞの鍼灸整骨院の「交通事故専門プログラム」で治療を開始しましょう。

症状に合わせた〝交通事故専門プログラム″とは
病院・整形外科・クリニックでは薬や注射、手術などで痛みのある個所を集中的に治療を行います。これに対し、当院での治療は、手技療法(筋膜ポイント整体、AT調整法)、理学療法(冷却療法、電気療法、牽引療法)、鍼治療・矯正治療を用いて、全身を調整していきます。患者様の身体の反応に合わせ、当院が持っている技術を総合し、自然治癒力を高めるのが特徴です。患者様に早期に通常の生活に戻っていただき、今まで通りの生活をしていただきたい。当院では「3ヶ月」での治癒を目標にプログラムを組んで参ります。
また、必ず病院と連携し、病院で定期的に検査をうけながら(月に一回程度)、日々の施術は当院で受けていただきます。
万が一、後遺症認定が必要となった際は、医師の継続診察がないと認定されません。
そして、上記「7つの約束①~⑦」もプログラムに加え、患者様と足並みを揃え治療してまいります。交通事故治療は新宿はなぞの鍼灸整骨院にお任せ下さい。

①事故発生時にはまず警察に届け出ましょう
交通事故の際、警察への届出を怠ると、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。
どんな軽い交通事故でも、かるくぶつかっただけでも後々症状が出てくる場合がほとんどです。被害者・加害者問わず、必ず警察に届け出をしましょう。

②まずは当院へお越しいただき、その後病院で診察を受けましょう
交通事故後、まだ病院を受診していない方には、まず当院にご相談下さい。その後当院提携病院又は患者様の選ばれた病院にて検査を受けて頂きます。多くの病院では交通事故全般に関する専門家はおらず、治療以外のアドバイスは出来ません。病院に行く前にまずは当院にお越し下さい。

③診断書を警察に提出しましょう
警察に提出する「診断証明書」は、当院でも作成できますので、ご安心ください。
※医師が出す「診断書」と整骨院が出す「診断証明書」は異なります。診断証明書で構わなければお出しいたします。
※事故後2週間以内の場合に限りだす事が出来ます。ご了承ください。

④保険会社へ連絡しましょう
保険会社に「新宿はなぞの鍼灸整骨院で治療すること」を電話にてお伝えください。
その後、保険会社とのやりとりは当院にて全て行いますので、ご安心ください。
書類が治療院に届いてから治療をスタート、という従来の方法ではなく、当院では、お電話をして頂いたその日から治療がスタート出来ます!

⑤治療を開始します
検査結果と問診・触診から、むちうちや腰部捻挫の症状に合った治療の計画を立てていきます。
日常生活での注意事項や自宅で出来る運動療法などもアドバイス致します。

痛みがなくなったら治療終了です!
早期治癒のため「毎日通院」してください
患者様治療費負担金0円のお店です!

a href="tel:0333553988"

 

新宿区 交通事故治療 むちうち

「治療費」に関して

損保会社と連絡が取れていれば「患者様負担金0円」で当院に通院できます。お金は一切かかりません。

「慰謝料」に関して

交通事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事で1日4,200円が支払われます。
基準となるのは、治療期間(※1)と実治療日数(※2)です。
※治療期間とは、治療開始日から治療終了日までの日数です。
※実治療日数とは、実際に治療のために通院した日数です。

慰謝料は「治療期間」と「実治療日数×2」を比較し、少ない方を通院期間とし、それに4,200円をかけて(乗じて)計算します。(限度額は120万円)
※通院しなければ慰謝料はもらえません。ご注意ください!
※治療期間があまりにも空いてしまうと「通院の必要なし=症状寛解」という扱いになります。ご注意下さい!

「休業損害」に関して

自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。また、日額 5,700円を超える収入がある事を証明できる場合には19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。

① 給与所得者
過去3か月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故前3か月の収入 [ 基本給+付加給与(諸手当)]÷90日×認定休業日数
(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)

② パート・アルバイト・日雇い労働者
日給×事故前3か月間の労働日数÷90日×認定休業日数
(アルバイト先などの証明を要します。)

③ 事業所得者
事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

④ 家事従事者
家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

「当院への交通費」に関して

交通費は保険会社より支払われますので一切かかりません。
電車・バス・自家用車(ガソリン代)・タクシー代(歩けない方に限ります)など。 ※電車・バスは領収書の必要はありません。

つまり「どんなに遠方からの通院でも交通費はかからない!」という事です!

自賠責保険についての詳細は「国土交通省 自賠責保険サイト」をご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/index.html

新宿区 交通事故治療 むちうち

banner_qa.png


交通事故の患者さんはどのくらい来てるの?

他の整骨院さんと比べると、非常に多くいらっしゃっています。地方と比べると交通事故の少ない都内にも関わらず、常に数十人の交通事故患者さんが来院しています。
損害保険会社さんからの紹介で、交通事故患者さんが来る専門院です。
ありがたい事に、「不安が解消されました!」「ここにして良かったです!」っと患者様からお言葉をよくいただきます。

qa_line.png


『はり』や『お灸』も交通事故の保険で治療できるの?

はい!大丈夫です!交通事故患者さんに対して効果の高い治療をしたいというのが当院の方針です。近年、交通事故の高度治療に関する費用は、損保会社様からは認められません。しかし最良の治療を受けていただく為に、治療費を当院が負担する事で「鍼及び矯正治療」を必要に応じて取り入れております。もちろん、患者様に請求する事は一切ありません。

qa_line.png


どの程度の症状なら交通事故の保険が効くの?

軽いむちうち、腰部捻挫、わずかでも痛みや違和感がありましたら、お早めの受診をお勧めします。たいしたことがなくて、3・4日で治療が終わればそれはそれでいいのですから。あとから痛みを訴えますと、整骨院側としても、損保会社さんとしても、事故との因果関係を認めにくくなってしまいます。
「かるくぶつかっただけ」でも、72時間後から症状が出てきたりする事も多いです。

qa_line.png


相手損保会社が病院を指定してきたら?

通院場所は患者さんが決められます。損保会社さんが何を言おうと自分の行きたい所へ行けます。ただし、『病院』『診療所』『整骨院』『接骨院』に限られます。『整体』『カイロ』は対象外です。当院は「交通事故治療院」ですので交通事故で起こった痛みの緩和に自信があります。
新宿はなぞの鍼灸整骨院は損害保険会社さんからの紹介で、交通事故患者さんが来る専門院ですので、担当者様からもし当院を勧められましたら、迷わずにいらっしゃって下さい。

qa_line.png


相手損保会社に今月で終了してくださいと言われたら?

痛いのは患者さん本人です。損保会社さんが治療を突然やめさせる権限はありませんし、中止させられる権限もありません。しかし交通事故治療が長期にわたると「中止して示談しませんか?」というお話は出るかもしれませんし、通院間隔が大幅に空くと「通院の意志なし」とみなされる場合もあります。

qa_line.png


自分の損保会社からも保険が下りるの?

はい、相手の損保会社さんからはもちろん、ご自分の損保会社さんからも保険が下ります。この時、来年の保険料が上がるという事はありませんので、安心して受け取って下さい。

qa_line.png


事故後、数日たってから痛み出したが…

なるべく早くご来院下さい。交通事故後1週間程度なら大丈夫です。
事故後1ヶ月も経ったら事故との因果関係を肯定できません。
当院では「72時間」で全ての症状が出る、と仮定し診察をすすめて参ります。

qa_line.png


加害者が任意保険に入ってない場合は?

強制保険に入っているはずです。この場合加害者の方、もしくはご自身が直接手続きをする
ことになります。それを『加害者請求』『被害者請求』といいます。詳しくはご相談下さい。

qa_line.png


『診断書』は出るの?

はい、警察提出用の診断証明書を発行します。また、傷害保険などをかけていればその証明書もお作りします。

qa_line.png


会社を休んだ補償は?

もちろん保障されますのでご安心を。ただし、会社の方で提出して頂く資料があります。

qa_line.png


主婦の休業補償も出るの?

はい、主婦が家の仕事をできなくなると、その分は主婦としての働きに応じて休業補償が出ます。忘れられないように保険会社さんに申告しましょう。

qa_line.png


保険で交通費は出るの?

はい、お車の場合自宅から当院までの往復距離で計算します。ご自分での運転が不可能な場合はバスも認められます。また、バスが通ってない地域であれば、タクシーも認められる事もあります。

qa_line.png


今の病院から転院できるの?

はい、行きたい病院を決めるのは、あくまでも患者さんです。保険会社の担当者さんに、整骨院へ移る旨をお電話でご連絡下さい。その際に、当院へ電話するようお伝え下さい。

qa_line.png

新宿区 交通事故治療 むちうち

a href="tel:0333553988"

 

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-3355-3988 受付時間 平日10:00~20:30【13時~15時半まで閉院】土曜・祝日9:30~18:30【13時半~15時半まで閉院】

PAGETOP